古紙回収のイメージ

私はセンター成功で慢心しました

センター試験を受験したのは今からもう10年近く前のことになりますが、いまだにあのときに高得点を取ってしまって慢心していたことを後悔してしまいます。
私は国立大学を志望していたので周囲が私立専願で記述問題の回答に取り組んでいくなか、必死でマーク問題に取り組んでいました。いくら勉強しても点数が上がらず、かなり憂鬱な気分で試験に挑みました。
しかし、意外にも結果はかなり良好で志望校のセンター試験のレベルを優に超えている点数を取ることができたのです。ひとえに地道に過去問をやり続けたおかげでしょうか。
周囲の人間が落胆に沈む中、私はもう志望校に受かったような気分でいました。なんだか二次試験に向けての勉強をしていても高得点を取れたことばかり頭に浮かびなかなか手につきません。最後には二次試験も同じような感じで一発逆転があるとさえ思っていました。
結果はもちろん惨敗で、センター以降に受けた滑り止めもほとんど受からず浪人する羽目になってしまいました。慢心には気をつけましょう。

基礎をスピーディに!

センター試験で求められるのは、「基礎的な問題を速く解く」ことです。それで、センター試験に向けてとにかく基礎的な問題をスピーディに解くことを意識するのが良いでしょう。
センター試験の問題はほとんどパターンが決まっているので、10年分ほどの過去問をとにかく何度も繰り返し解き、問題のパターンやレベルになれることが大切です。
特に数学に関して言えば、センター試験の数学はある意味「暗記科目」と言えます。それまでにいろいろな問題集で解いた問題が数字を変えて出題されるので、ひたすら過去問やセンター対策の問題集を解けば、センター試験本番では「どこかで見たことある問題だ」と思えるはずです。
センター試験では時間が限られていますので、図を描かなければわかりにくい問題があっても、図を細かく丁寧に描く時間はありません。それで、グラフや図形を「綺麗に素早く描く」訓練をすることは大切です。中には図形の美しさにこだわるあまり試験時間を浪費するという受験生がいるようです。その問題では図形のどの部分を描けばよいのか、見極める訓練をしておくとよいと思います。
わたしは数研出版の「チャート式(黄色)」の例題をとにかく何度も解き、基礎問題のパターンになれました。その後、過去問を解くとスラスラ解けました。本番では9割得点できました。

当サイトの情報の取り扱いについて

Copyright © 2012 センター試験の平均点のボーダーラインは?センター試験ナビ. All rights reserved