トップページへ戻る > センター試験対策で有効だった勉強法

センター試験対策で有効だった勉強法

"センター試験が近づいてくると、受験生は言いようのない不安に駆られることでしょう。自分の勉強法で本当に合っているのか、きちんと身についているのかと考えてしまって、なんとなく焦るような暴れたくなるような感じに襲われることも少なくないと思います。私も高校3年生のセンター試験前はそうでした。

私の場合、高3のセンター試験追い込みの時期になると、学校の授業もほとんどがセンター試験の過去問ばかりになりました。ですがこれが一番センター試験対策としては身に付いたように思います。
センター試験の過去問をいくつもいくつも解いていると、なんとなく傾向が掴めてきます。もちろん問題内容や難易度は実施年度によっても異なりますが、センター試験の問題の傾向というのが分かるようになってくるのです。

過去問を解いていると、ただ問題を解いているだけというような気持になってしまうこともあるかもしれません。でも反復して解き続けることで必ず身に付くものがあります。
過去問を解くときには、あまり正答率にとらわれ過ぎないようにする問かもしれません。
正答を導き出すことよりも、問題の出される傾向や問題内容の流れのようなものを掴むことに専念して、そこに自分の学習してきた知識を上乗せするようにすると良いと思います。"


Copyright © 2012 センター試験の平均点のボーダーラインは?センター試験ナビ. All rights reserved