トップページへ戻る > 実際に取り組んだセンター試験の思い出

実際に取り組んだセンター試験の思い出

高校卒業後は大学へ進学したいと思っていたので、センター試験は人生で一番勉強に励んでいた思い出があります。自分が希望する大学は、難関の大学だったので予備校や学校で行われている講習などにも積極的に通って家でも復習する日々を送っていました。解らない問題などがあれば、すぐに質問するようにして疑問点を解決していました。努力した結果、センター試験の出来は良くて希望する大学へ合格することが出来ました。センター試験で気をつけたことは、勉強はもちろんですが体調管理を入念にしておいたことです。センター試験の季節は冬なので、インフルエンザが流行しやすい季節です。折角勉強しても体調が万全ではないと力を発揮することが出来ないと思ったので、風邪をひかないように予防接種などを行い体調管理に気を付けました。これからセンター試験を受ける人がいるなら、早いうちから勉強に励むことを伝えたいです。練習で出来なかった問題が、本番で出来るわけはありません。勉強は日々の積み重ねが大事なので、合格できるイメージを持ち勉学に励みましょう。


Copyright © 2012 センター試験の平均点のボーダーラインは?センター試験ナビ. All rights reserved